床をコーティングするなら

部屋

業者の探し方

フロアコーティングは自分でもできますが、ムラになる可能性があるのでプロに依頼する方が良いでしょう。フロアコーティングを依頼するときは、技術力のある会社を見極める必要があります。以前利用した会社が良かった場合は再び依頼すれば良いのですが、初めてフロアコーティングをする場合は念入りな情報収集が大切です。まず最初に入手すべき情報は、利用者から聞く評判です。信頼できる相手からおすすめのフロアコーティング業者を教えてもらうことで、依頼する会社の候補を絞ることができます。評判があまり良くない会社の名前は口コミで広まっている可能性もあるので、フロアコーティング業者を利用したことが無い人にも評判を聞いてみると良いでしょう。安心して利用できる会社か判断するためには多くの情報が必要になるため、大勢の人から口コミを教えてもらうようにしてください。口コミを聞いて良い会社が何軒か見つかったら、公式サイトが無いか検索してください。サイトには費用の詳しい説明や施行方法などを掲載している場合が多く、どんな会社なのか詳細を知ることができます。価格表を見ることでどれくらいの予算を用意すれば良いのか分かるので、できるだけ値段が安いところに依頼したいときにも便利です。コーティングをする際に家具を移動させる必要がある場合は、費用が別にかかる可能性があるので調べておきましょう。コーティング以外で必要となる費用を足すことで、その会社が安いのか判断できます。

おすすめ記事一覧

床

いつまでも綺麗に保つ為に

フロアコーティングの種類は多くあり、耐用年数や艶の具合、何に対して強いのか等特徴が違います。費用は耐用年数だけではなく、特殊な技術が必要であったり保護性能で差がでます。フロアコーティングは広さや状態によっても価格が変わります。

床

フローリングの保護

フロアコーティングは、使用する塗料によって数種類あります。住居のフローリングを傷や汚れ、紫外線による変色などから保護し、耐久年数は数十年と長くメンテナンスも簡単になるため費用に見合った価値があります。

作業員

床材の寿命を長く

フロアコーティングをすることで、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。具体的には、ウレタン系の塗料を使った場合は約5年、シリコン系なら約10年、床材の劣化を抑えることができるのです。それでいてかかる費用は張り替えよりも少なく、相場は6畳間で3〜5万円ほどとなっています。

Copyright© 2017 家を大事にするならフロアコーティング!評判のいい業者を見つける All Rights Reserved.