新築のような床に再生

作業員

シリコンコーティングとは

賃貸経営をしているオーナーさんにとって、物件の管理は重要です。特にクリーニングやメンテナンスは、入居者を獲得する上で最も大切なことです。現在主流となっているフローリングは、畳と違い張り替えも出来ず、ワックスがけ等ではどうしても限界があります。フローリングの保証期間は二年程度のものが多いですが、五年もたてば傷など劣化が目立ってしまいます。フローリングの床にフロアコーティングを施せば、特別な手入れをせずに新築の床のような状態を長く保つことができます。フロアコーティングにもいくつか種類がありますが、その中でも一番施行しやすく手軽にきれいな床を得られるのは、シリコンフロアコーティングです。シリコンフロアコーティングの特徴は、撥水性、耐熱性に優れている点です。滑り止め効果もあるので、高齢者や子供にも安心です。施行の流れとしては、まず壁や建具などを保護します。その後床のクリーニングを行い、ゴミやホコリなどを取り除きます。その際に大きな傷などの箇所を確認します。大きな傷は施行前に埋めておく必要があるためです。確認終了後、コーティングを施していきます。施行前と後に立会いができますので、不安な点や質問などができます。これら工程は一日で終了する業者がほとんどで、朝から作業をしその日のうちに部屋に入ることができます。シリコンコーティングの場合、耐久年数は10年から20年です。その間は水拭きのみで床の美しさを保つことが出来るため、頻繁に塗り替える必要はありません。

おすすめ記事一覧

床

いつまでも綺麗に保つ為に

フロアコーティングの種類は多くあり、耐用年数や艶の具合、何に対して強いのか等特徴が違います。費用は耐用年数だけではなく、特殊な技術が必要であったり保護性能で差がでます。フロアコーティングは広さや状態によっても価格が変わります。

床

フローリングの保護

フロアコーティングは、使用する塗料によって数種類あります。住居のフローリングを傷や汚れ、紫外線による変色などから保護し、耐久年数は数十年と長くメンテナンスも簡単になるため費用に見合った価値があります。

作業員

床材の寿命を長く

フロアコーティングをすることで、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。具体的には、ウレタン系の塗料を使った場合は約5年、シリコン系なら約10年、床材の劣化を抑えることができるのです。それでいてかかる費用は張り替えよりも少なく、相場は6畳間で3〜5万円ほどとなっています。

Copyright© 2017 家を大事にするならフロアコーティング!評判のいい業者を見つける All Rights Reserved.