どんな流れで施工するの

コーティング

施工方法を知ろう

フロアコーティングをしたいけど、初めてのことでどのような施工方法になるのかと不安を感じている人もいうのではないでしょうか。一般的な施工方法を知っておくだけでも、安心して依頼することができます。まずは家具などの移動を行います。冷蔵庫や食器棚といった、長期間動かすことのないような家電や家具であれば移動しなくても施工することができます。この移動が終われば、施工箇所の傷や凸凹具合を確認します。この時にはトラブルを避けるためにも立ち合いをするのが一般的です。もし傷や凸凹した場所があれば修繕も行います。この確認が終わると施工前の準備をしていきます。この準備ではフローリング材がつかないように養生をします。養生とは、シートやテープなどを使って、施工場所以外にフローリング材がつかないようにすることです。この施工前の準備ではしっかりとしたクリーニングもしていきます。汚れやホコリを閉じ込めないためにもこのクリーニングは重要な作業です。クリーニングが終わるといよいよフロアコーティングの塗布が始まります。この作業では、何層にも丁寧に塗布を繰り返していくため、想像以上に時間がかかります。このフロアコーティングの作業は、施工面積によっても変わりますが6〜10時間程度はかかると考えておきましょう。フロアコーティング剤の塗布が終わり乾燥させて、養生をしたシートやテープを剥がせば作業は終了となります。作業が終了すれば施工箇所の確認をするのですが、この時に気になるところがあればしっかりと伝えることも大切です。

おすすめ記事一覧

床

いつまでも綺麗に保つ為に

フロアコーティングの種類は多くあり、耐用年数や艶の具合、何に対して強いのか等特徴が違います。費用は耐用年数だけではなく、特殊な技術が必要であったり保護性能で差がでます。フロアコーティングは広さや状態によっても価格が変わります。

床

フローリングの保護

フロアコーティングは、使用する塗料によって数種類あります。住居のフローリングを傷や汚れ、紫外線による変色などから保護し、耐久年数は数十年と長くメンテナンスも簡単になるため費用に見合った価値があります。

作業員

床材の寿命を長く

フロアコーティングをすることで、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。具体的には、ウレタン系の塗料を使った場合は約5年、シリコン系なら約10年、床材の劣化を抑えることができるのです。それでいてかかる費用は張り替えよりも少なく、相場は6畳間で3〜5万円ほどとなっています。

Copyright© 2017 家を大事にするならフロアコーティング!評判のいい業者を見つける All Rights Reserved.