いつまでも綺麗に保つ為に

床

種類による違い

フロアコーティングは種類により性能や費用も違います。平均的な価格は20万円程です。フロアコーティングは本当に行う必要があるのか等、施工前は行うか悩みます。その必要性は何でしょうか。フローリングは木であり、木は年数を重ねると劣化していきます。いくら艶のある美しいフローリングでも経年劣化していきます。それを防ぐ目的でワックスをかけますが、年に何回も塗り替える必要があります。いくらワックスをかけても、洗剤をこぼしたりすると浮き上がってしまい、汚く見えてしまい再び手間のかかる作業を繰返し行う事になります。その手間を省き、長期間拭き掃除だけで綺麗さを保つ方法にフロアコーティングがあります。一度行えばフローリングの寿命を延ばす事ができ、煩わしい塗り替えも不要です。フロアコーティングの種類は多くありますが、耐用年数が短い順でピックアップします。ウレタンコーティングの耐用年数は8年程。摩擦に対して強いのが特徴で、艶は控えめなので自然な仕上がりになります。費用は平均的な価格です。シリコンコーティングの耐用年数は10年程。洗剤や薬品に対して強い特徴があります。キッチンに使用される事が多く、費用は平均より高めです。ガラスコーティングも10年程の耐用年数があり、完全硬化に時間が掛かりますが硬度が高く傷に強い特徴があります。光沢が強い傾向にあります。群を抜いて高価で20年以上の耐用年数があるのがUVコーティングです。塗り直しも可能で、瞬時に硬化するので乾燥の待ち時間が短い特徴があります。また、摩擦や熱にも強く子供に対して安全性も高いです。これら以外にも種類はありますが、多く選ばれているのは以上の4点です。

おすすめ記事一覧

床

いつまでも綺麗に保つ為に

フロアコーティングの種類は多くあり、耐用年数や艶の具合、何に対して強いのか等特徴が違います。費用は耐用年数だけではなく、特殊な技術が必要であったり保護性能で差がでます。フロアコーティングは広さや状態によっても価格が変わります。

床

フローリングの保護

フロアコーティングは、使用する塗料によって数種類あります。住居のフローリングを傷や汚れ、紫外線による変色などから保護し、耐久年数は数十年と長くメンテナンスも簡単になるため費用に見合った価値があります。

作業員

床材の寿命を長く

フロアコーティングをすることで、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。具体的には、ウレタン系の塗料を使った場合は約5年、シリコン系なら約10年、床材の劣化を抑えることができるのです。それでいてかかる費用は張り替えよりも少なく、相場は6畳間で3〜5万円ほどとなっています。

Copyright© 2017 家を大事にするならフロアコーティング!評判のいい業者を見つける All Rights Reserved.