床材の寿命を長く

作業員

耐用年数と費用の相場

床の表面には多くの場合、フローリングまたは陶器や大理石のフロアタイルが敷いてあります。これらの床材は、耐用年数がそれぞれ約10年となっています。使い続けているうちに、フローリングはささくれ立ったり凹んだり、フロアタイルは割れたり砕けたりしてくるのです。すると安全に使用を続けることが困難となるため、床材は劣化の度合いに応じて張り替えすることが必要とされています。しかし、フロアコーティングをおこなっておけば、床材の耐用年数は長くなります。フロアコーティングとは、フローロングやフロアタイルに塗膜を張るという室内工事で、施工後は塗膜の耐用年数がプラスされることになります。塗膜の耐用年数は、塗る塗料によって異なっていて、たとえばウレタン系なら約5年、シリコン系なら約10年となっています。昨今では、耐用年数が約20年というガラス系塗料や紫外線硬化塗料も、使われるようになっています。これらの塗膜により、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。さらに塗膜の耐用年数にあわせて定期的にフロアコーティングをおこなっていれば、張り替えをせずに一生を過ごすことも可能となるのです。そしてフロアコーティングは、かかる費用が床材の張り替えと比較すると少なめです。塗料の種類にもよりますが、6畳間で3〜5万円ほどが相場となっています。張り替えには20万円ほどかかるので、そのため多くの人が、張り替えを回避するために、積極的に業者にフロアコーティングを依頼しています。

おすすめ記事一覧

床

いつまでも綺麗に保つ為に

フロアコーティングの種類は多くあり、耐用年数や艶の具合、何に対して強いのか等特徴が違います。費用は耐用年数だけではなく、特殊な技術が必要であったり保護性能で差がでます。フロアコーティングは広さや状態によっても価格が変わります。

床

フローリングの保護

フロアコーティングは、使用する塗料によって数種類あります。住居のフローリングを傷や汚れ、紫外線による変色などから保護し、耐久年数は数十年と長くメンテナンスも簡単になるため費用に見合った価値があります。

作業員

床材の寿命を長く

フロアコーティングをすることで、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。具体的には、ウレタン系の塗料を使った場合は約5年、シリコン系なら約10年、床材の劣化を抑えることができるのです。それでいてかかる費用は張り替えよりも少なく、相場は6畳間で3〜5万円ほどとなっています。

Copyright© 2017 家を大事にするならフロアコーティング!評判のいい業者を見つける All Rights Reserved.