フローリングの保護

床

利点と種類の説明

フローリングはワックスをかけるなどして定期的にメンテナンスの必要がありますが、フロアコーティングは、一度施工してしまえば耐久年数は数十年と、とても長いものもあります。フロアコーティングは、住居の廊下やフローリング部分に特殊な塗料を塗布しフローリングなどを傷や汚れから保護する施工法です。フロアコーティングにはガラスコーティングやUVコーティング、シリコンコーティングなど数種類あり、様々な特徴があります。ガラスコーティングは、耐摩耗性、耐薬品性などに優れています。シックハウスの原因になりうるホルムアルデヒドを含まない安全な塗料です。また、硬度も高く傷がつきにくいという特徴もあります。酸化による床材の劣化も防ぐことができます。耐久性に優れているので、施工業者による保証は20年前後と長期です。UVコーティングは、耐摩耗性、耐熱性などにとても優れています。特殊な機材を用いて施工するので費用はかかりますが、それに見合う高い品質があります。塗料に紫外線を照射し、塗料を数秒で硬化させるという技術を用いるフロアコーティング方法で施工期間は一日と、とても短いです。耐久年数もとても長く20年以上で、施工業者によっては30年の保証がある場合があります。シリコンコーティングは撥水性、耐熱性、耐薬品性にすぐれています。滑り止めの効果もあり、使用しているシリコンは医療用でも用いられるほど安全性があるのでペットを飼っている方にも安心して施工できます。施工業者による保証年数は20年くらいです。

おすすめ記事一覧

床

いつまでも綺麗に保つ為に

フロアコーティングの種類は多くあり、耐用年数や艶の具合、何に対して強いのか等特徴が違います。費用は耐用年数だけではなく、特殊な技術が必要であったり保護性能で差がでます。フロアコーティングは広さや状態によっても価格が変わります。

床

フローリングの保護

フロアコーティングは、使用する塗料によって数種類あります。住居のフローリングを傷や汚れ、紫外線による変色などから保護し、耐久年数は数十年と長くメンテナンスも簡単になるため費用に見合った価値があります。

作業員

床材の寿命を長く

フロアコーティングをすることで、床材の寿命は長くなり、張り替えの必要性が少なくなります。具体的には、ウレタン系の塗料を使った場合は約5年、シリコン系なら約10年、床材の劣化を抑えることができるのです。それでいてかかる費用は張り替えよりも少なく、相場は6畳間で3〜5万円ほどとなっています。

Copyright© 2017 家を大事にするならフロアコーティング!評判のいい業者を見つける All Rights Reserved.